Webライターが月5万円を目指すロードマップ

リード文とは?初心者Webライター向けに書き方を解説

リード文とは?

リード文とは記事の最初に書く文章で、とても大切です。

最初に記事を読んだ人が目にする文章なので、リード文の良し悪しでその記事を読もうとするかどうかが決まります。

 

このリード文にはさまざまな「型」があるので、型にあてはめて書くのがおすすめです。

ここでは記事ごとに適した型をご紹介しますので、まずはこの型にあてはめて書いてみてください。

リード文の型

下記の型に当てはめて書いてみてください。

リード文の型
  • 共感を呼ぶ文章
  • 「記事を読まないと損する」と思うような内容
  • この記事を読むとわかること
  • 記事を読むメリット
  • この記事の結論

例えば、当サイトの記事である「クラウドワークスとランサーズで安すぎる文字単価の案件に応募してはいけない理由」のリード文を各パートに分けてみます。

共感を呼ぶ文章

参考

クラウドワークスやランサーズでWebライター案件に応募する場合、初心者は「安い文字単価の案件に応募した方が採用されそう」と思っていませんか?

このように「あ、この記事は私のためにある記事だ」と思ってもらえるような内容を書きましょう。

この時、タイトルから想像できそうなことを書いてしまうと「私のことだ」と思ってもらえないので注意しましょう。

例えば、この記事のタイトルは「クラウドワークスとランサーズで安すぎる文字単価の案件に応募してはいけない理由」なので、「クラウドワークスやランサーズでWebライター案件に応募する場合、「初心者だから安い文字単価の案件に応募しよう」と思っていませんか?」などです。

これでも悪くはありませんが「初心者は「安い文字単価の案件に応募した方が採用されそう」」と「あ、そう思ってたんだよね」と読者に感じてもらうような、一歩深掘りして自分ごとのように感じてもらえる文章を書いてみましょう。

「記事を読まないと損する」と思うような内容

参考

実は初心者だからといって安すぎる文字単価の案件に応募すると苦労します。

Webライターが嫌になってやめてしまったり、最悪の場合は詐欺にあったりする可能性も高いでしょう。

共感の次は「この記事を読まないとそのうち困るな」と思う内容を書いてみましょう。

お悩み解決ではなく「ノウハウ系」(◯◯とは?のようなタイトル)の場合は、さらに潜在的な疑問について触れると「読んでみたい」と思わせられます。

この記事を読むとわかること

参考
  • クラウドワークスとランサーズで文字単価を指定して案件を探す方法
  • 安すぎる文字単価の案件に応募してはいけない理由
  • 実績がない初心者Webライターが文字単価の高い案件に応募して採用される方法

この記事には何が書いてあり、何がわかるのかを書きます。

必ずしも箇条書きである必要はありませんが、箇条書きの方がわかりやすく書きやすいことがおおいためオススメします。

記事を読むメリット

参考

この記事を読めば、質の良い案件やクライアントさんに出会え稼げる確率がアップします。

この記事を読むと「どんな良いことがあるのか?」がイメージできる内容を書きましょう。

ここで注意することは、タイトルに対して「それは当たり前じゃない?」と思う内容を書かないことです。

タイトルから想像できるメリットが書いてあっても「それはそうだろうな」と思って、読者が読み進めてくれないかもしれません。

例えば、この記事のタイトルは「クラウドワークスとランサーズで安すぎる文字単価の案件に応募してはいけない理由」なので、「安い単価の案件に応募してはいけない理由がわかります。」とか「安い単価の案件に応募しなくなります。」などです。

一歩踏み込んで「それは読んでみたい!」と思わせるような内容を書きましょう。

この記事の結論

参考

応募するなら文字単価1.0円以上の案件を目安に応募してください。

リード文で結論を書きます。

結論を書くと「そのまま読んでくれないんじゃないか?」と思われるかもしれませんが、興味を持った読者はそのまま読み進めてくれますし、結論がわかっている状態だと理解もしやすくなるのでかきましょう。

リード文は構成にあてはめて書けばOK

リード文は記事の中でもっとも大切な要素です。

これはわかりやすい構成の型があるのでまずはマネしてみてください。

記事の内容によってはまったく同じようにできない場合もありますが、まずは型にはめてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA